引込電線を超えた木の伐採

玄関先、引込電線より3メートルほど高く伸びた庭木の伐採を承りました。

ガス屋さんが蜂に刺されたとの話を耳にしましたので、まずホームセンターへ向かい、スプレーを散布しての作業でした。

幸い、今回は遭遇もありませんでした。

雑木林の伐採

境界線確認のため、畑に面する雑木林外側の杉を伐採いたしました。

林の内側への切り倒しとのことで、処分はありませんでした。

ほどんどの木が畑側に重心が傾いているため、ロープを利用しての作業でした。

パッカー車導入で効率up

過去にカットされた枯れ枝の処分、木の伐採、草刈りを承りました。

比較的細い幹の樹木が多かったので、今回はパッカー車(圧縮収集車)を導入しました。

作業中はほぼフル稼働で、燃料費も嵩みましたが、作業時間短縮には大貢献でした。

ウッドデッキと伐採

ウッドデッキ解体と伐採処分を承りました。

処分量はほぼ軽トラック1台分でした。

現場から車両までは段差のある50メートルでしたので、大袋と台車で運び出しました。

4名で伐採と草刈り

太陽光発電パネル設置前の整地作業を承りました。

画像の通り冬期ですので、草刈りは夏の半分目安の費用で対応可能でした。

また、伐採もほとんどの木は、ロープを引いての倒木でしたので、速やかに作業が進行いたしました。

プレハブと基礎ブロック

プレハブ小屋と基礎ブロックの撤去処分を承りました。

今回はプレハブ内部にご不用品がありませんでしたので、軽トラック2台=2名の出張でした。

処分は、廃材、鉄・アルミ、ガラス、断熱材、コンクリに分別し、それぞれの受け入れ先に持ち込みました。

花壇の庭木伐採・抜根

自然に花壇に生え、伸びてしまった樹木の伐採と抜根を承りました。

当初の見込みより、根が大きく深く、また建物に近かったため、手作業により根除去作業は諦めました。

そして、後日ユニック(簡易クレーン)による引抜き作業での対応とさせていただきました。

モルタル補修で仕上げ

車幅のある乗用車ご購入にともない、車庫スペース脇のブロック積みフェンス撤去のご注文を頂きました。

コンクリートブロックの場合は数えやすいので、極めて明朗会計です。

ハンマーでの撤去後、新規に表れた地上面は、左官コテでモルタルを塗って仕上げました。

アルミフレームの物置小屋の撤去

コンクリート給湯小屋の上に建てられたアルミフレームの物置小屋の撤去を承りました。

初めに中のご不用品少々を搬出し、次に外壁から外しました。

車両への運び出しに距離がありましたので、4名がかりで1日作業でした。

ブロック塀の撤去

コンクリートブロックを積んだ境界塀の斫り撤去作業です。

ブロックの場合、数えやすいので極めて明朗会計です。

軽トラックには、50個分ほど積載可能です。